Make your own free website on Tripod.com

Win用CPコード検索ツール「SearchCP Win」

※販売を終了いたしました。永らくのご愛顧ありがとうございました。

「PowerCP Win」でCPマスク1箇所の解除はできます。
でも、出来る事ならやっぱりCPコードを知って、もっと簡単にCPマスクの解除をしたいと思いませんか?

そんなあなたにWindows用CPコード検索ツール「SearchCP Win」があります。
「SearchCP Win」は「PowerCP Win」で並べ替えを行った情報を利用して、元のCPコードを検索します。

まずは、その簡単な使用方法から...

★CPコードを総当たりチェック

「PowerCP Win」のCP解析ウインドウで全ての枠を正しく決定します。

※全ての枠を決定出来ない場合でも、最低30枠(15ペア)程度の決定をすればCPコードの 解析は可能です。ただし、全て決定した場合よりも解析時間が長くなります。
※もちろん、並べ替えが1つでも正しくない場合には、正常なCPコードは見つ けられません。あやしい枠は決定しない状態にしておいてください。

「PowerCP Win」のCP解析ウインドウで「編集」メニューから「コピー」を選択します。

※CP解析の配列情報がクリップボードに送り込まれます。「PowerCP Win」のCP解析ウインドウの 「元のウインドウに貼り付け」(右矢印のボタン)を押した場合も配列情報がクリップボードに 送り込まれます。

「SearchCP Win」(searchcp.exe)を起動します。

※「SearchCP Win」では起動時にクリップボードをチェックしてCP解析の配列情報がある場合には 自動的にそれを読込みます。「調査対象の枠数」が0以外になっていれば、正常に読み込めています。 0になっている場合は「PowerCP Win」との連携がうまくいっていません。「PowerCP Win」と 「SearchCP Win」の設定を見直して、もう一度やり直してみてください。

「Start」ボタンを押してください。1桁のCPコード'A'から順に'B','C'....'Z',2桁のCPコード'AA','AB'...'ZZ', 3桁のCPコード'AAA','AAB'...'ZZZ'と順に調査していきます。


なお、解析にかかる時間は、ご使用環境、解析する枠数、CPコードにより異なります。
参考までにあるひとつのデータでの値をご紹介します。

解析時間の一例:(Win版での数値が整理されていない為、Mac版の数値をご紹介いたします。)
枠数100 CPコード[SAMPLE] 全枠決定 SearchCP Mac 1.04 負荷:非常に重め
各桁数の解析終了までの時間(秒以下は切り捨て)
機種名CPU1桁2桁3桁4桁5桁SAMPLE発見6桁
PowerMacG3 DT266G3/266MHz0秒0秒0秒0秒11秒3分02秒4分17秒
PowerMac7215/90601/90MHz0秒0秒0秒2秒50秒13分20秒18分45秒
Perfoma5220603/75MHz0秒0秒0秒2秒54秒14分21秒20分17秒
Quadra80068040/33MHz0秒0秒0秒10秒4分03秒1時間03分26秒1時間29分56秒
一桁増えるごとに約27倍の時間がかかります。
システムの状態にも左右されますので、参考程度でご覧ください。

なお、CPコードにより判定条件が大きく異なる為、解析時間も大きく 変わります。例えば、同じ枠数100(全枠決定)[PowerMacG3 DT266]の 場合でも以下のように変わります。
CPコード1桁2桁3桁4桁5桁6桁
SAMPLE0秒0秒0秒0秒11秒4分17秒
CPMASK0秒0秒0秒0秒14秒5分36秒
RISING0秒0秒0秒0秒11秒4分17秒
SANKOU0秒0秒0秒0秒9秒3分26秒
HIMAWARI0秒0秒0秒0秒4秒1分00秒
ZUKKON0秒0秒0秒0秒0秒0秒
HIMAWARIやZUKKONは意図的に100枠で早くなる場合のコードを逆算 したものなので、あくまでも参考としてご覧ください。
(このホームページの記載内容の一部または全部を無断で転用しないで下さい。)

解析時間は枠数とCPコードによって変わります。
同じCPコードでかけられたマスクで枠数の違うものがあった場合、必ずし も枠数が多い方が解析時間が長いとは限りません。

ただし、同じCPコードで同じ枠数で、決定した枠が多い場合と少ない場合で はあきらかに決定した枠が多い場合の方が解析時間は短くなります。

現在のComputerの処理スピードの都合上、桁数の多いCPコードでは現実 的な時間内で発見できない場合があります。あしからずご了承ください。 桁数の多い(最大16桁)のCPコード解析は頭文字の推定などを行って実行 してみてください。

また、現実的な時間内で発見できない場合には、SearchCPR(カタカナ検索) やSearchCPD/SearchCPDD(辞書検索)、SearchCPT(複数ファイル検索)などもご利用ください。

※SearchCPからSearchCPR/SearchCPD/SearchCPDD/SearchCPTへのアップデータを ホームページにて配布しております。是非、ご利用ください。

該当するCPコードが見つかった時点で、現在までにみつかったCPコードの数および、そのコードが表示されます。
この絵の場合のCPコードは"CPCODE"でした。

※「PowerCPで作成される並べ替え情報」と「CPコード」は1対1対応して いません。その為、SearchCPではCPコードを1つ発見しても、そのまま 次のコードを検索し続けます。適当な所で、中断してください。

※「少ない枠数のマスク」や「少ししか決定していないマスク」を調査すると、 CPコードが多数見つかる事があります。 また、多い枠数のマスクを調査すると、調査に時間がかかることがあります。 30枠から50枠程度のマスクを使う事をお勧めいたします。


ご注意:

動作環境:

Windows用CPコード検索ツール「SearchCP Win」¥2、000-
(SearchCP Winのご使用にはPowerCP Winが必要です。)
「SearchCP Win」は代金¥2、000ーをお振込いただいた方のみに郵送させていただいております。
※販売を終了いたしました。永らくのご愛顧ありがとうございました。