Make your own free website on Tripod.com

Win用ZIPパス検索ツール「SearchZipDD Win1.00」

ZIPパスを忘れてしまった!そんな時、SearchZipDD WInをどうぞ!

ZIP圧縮ファイルに関する仕様を完全に把握しているわけではないので、不具合が発生する可能性があります。
あらかじめ、ご了承ください。

SearchZipDD Winのアップデータをダウンロード

SearchCP WInからの改造アップデータのダウンロード

SearchZipDD WInの取扱説明書
アップデータをダウンロード後実行し、ファイル指定の画面でお手持ちのSearchCP Winを指定してください。 更新後のファイル(SearchZipDD Win)の保存場所を聞いてくるので、指定して保存します。

ZIPパスについて

「パスワード」をつけて「ZIP圧縮ファイル」を作成した場合、「ZIP圧縮ファイル」の中に小さな「暗号ヘッダ」が 作成されます。これは、「パスワード」と「暗号ヘッダ」で計算を行い、その結果と「暗号ヘッダ」内の値との一致 を調べることで、素早く「パスワード」の間違いをチェックする為のもののようです。

なお、「暗号ヘッダ」はあくまでも簡易的な「パスワード」チェック用なので、「256分の1の確率」で正解になって しまいます。つまり、間違った「パスワード」でも正しいと判断してしまうことがあるのです。

「暗号ヘッダ」は「ZIP圧縮ファイル」内の「圧縮されているファイル」1つにつき1つづつあります。

そこで、SearchZipDDでは「暗号ヘッダ」を数個(最大6個)組み合わせて検索を行います。 「256分の1の確率」の「暗号ヘッダ」乗の確率で正しいパスワードを検索できるのです。

確率的に「暗号ヘッダ」が4個以上あれば、正しい「パスワード」が見つけられると思います。

しかし、「ZIP圧縮ファイル」内に「圧縮されているファイル」が少ない場合には、当然「暗号ヘッダ」数も 少ないので、正しくない「パスワード」がたくさん見つかってしまいます。

小さな「暗号ヘッダ」の計算ではなく、「圧縮されているファイル」全体に関して計算を行えば当然正しい 「パスワード」を発見することは可能ですが、それはとてつもなく時間のかかる事なのです。

もし、同じ「パスワード」で作成された「ZIP圧縮ファイル」が複数ある場合には、各「ZIP圧縮ファイル」内の 「暗号ヘッダ」を組み合わせて検索することもできます。SearchZipDD Winの「追加...」機能です。

各種の辞書

辞書はSearchZipDD Winと同じフォルダにあるTEXTファイル(拡張子が.TXTのファイル)が使用できます。 コードは一行にひとつづつ書いてください。 なお、SearchZipDD Winと同じフォルダにTEXTファイルが無い場合でも、[内蔵]の辞書(全キャラクタ、アルファベット、 アルファベット小文字、アルファベット大文字)が使用できます。

操作について


注意


変更の履歴